ホーム > 豆腐ファン > 豆腐レシピ集 > 澄みどうふ

澄みどうふ

江戸時代天明期の豆腐百珍に「雪済館」という美しい名前でのっている。

材料(4人分)

絹ごしとうふ2丁、片くり粉少々、おろし大根200g、ご飯2カップ、
かけ汁(水大さじ6、酒大さじ1、しょう油大さじ1)

作り方

  1. とうふは太いせん切りにし、片栗粉でとろみをつけた湯の中で温める。
    温かいご飯を熱湯で洗い、よく水気を切っておく。
  2. 温めた茶碗にとうふを盛り、おろし大根を乗せて、その上にご飯をふんわりのせる。
  3. かけ汁の材料を合わせて火にかけ、少々煮詰めてからご飯にかけて食べる。
    このかけ汁で先にとうふを煮てから、ご飯に埋めてもおいしい。

REPORT TAKAI 14 (1983/10/20)より

戻る